離婚したいけれどなかなか踏み出せない。それは離婚をできる人と離婚できない人に大きな違いが存在するからです。離婚する幸せの方法があります。

離婚できない理由よりも幸せになれない理由を考えることが大切です。

離婚できる人、できない人

離婚できる人 できない人

もちろん離婚をしない事に越した事はありません。さまざまな要因で離婚をしなければいけない人はいます。しかし、そのような状況にあるにも関わらず、離婚が"できない人"と"できる人"がいます。離婚ができない人は、自分に無理をしている訳で非常に悲しいものです。自分が当てはまるかどうか確認してみてください。そして客観的に無理をしているかどうかをチェックしてみましょう。

離婚できる、できない

離婚できない人の特徴

離婚できない人には大きな特徴や要因があるんです。あなた自身は気づいていなくても、実はあなたは離婚できない人かもしれません!?離婚ができないことは、人生という短い時間を無駄に費やしています。しかも嫌な気分や悶々とした日々を過ごしていること決してハッピーとはいえませんよね?
また離婚できない人に多いのが、無理に不幸だと思わないようにしている傾向が強い人も特徴のひとつです。さて、下記に離婚できない人の代表的な特徴をまとめてみました。あなたはどうですか?

我慢強い人

我慢強い人は、今の悪い状況を耐えて我慢している事が多いです。しかし、我慢をして状況が変わるのであればいいのですが、我慢をした所で状況が変わる事はほとんどないでしょう。それはあなた自身が一番よくわかっているはずです。我慢強い人は、なんらかの決意をし状況を改善すべきでしょう。

昔の思い出を引きずっている

付き合っていた時代のかっこよかった彼氏、結婚する前のおしとやかな彼女、その思い出を引きずって「いつかはあの頃のような関係に戻るんじゃないか?」と淡い期待をしてしまっている人。そんな人はズルズル今の状態をひきづってしまうでしょう。男女関係は積み重ねです。昨日があるから明日があります。ですから昔のような関係にはもう二度と戻れないんです。良い関係に戻るためには、今改善をしなければいけません。離婚もその一つの方法でしょう。

子どものために離婚できない

子供のについての理由を言う人は多いです。離婚をすると子どもの成長によくないので、なるべく離婚せずにいきたい人が多いです。しかしよく考えてみて下さい。ほぼ毎日あなたたちがケンカしている状況を子どもはしっかり見ています。もしかすると子どもが見ていない所でケンカしてるから大丈夫なんて思っていませんか?子どもは、しっかり見ているものです。子どもは今日はケンカしているななんて事を空気で察知できるものです。
そんな状態を見せている事が、本当に子どもの成長にいいでしょうか?子どもの成長のためには離婚をした方がいいケースは多くあります。

世間体を気にしすぎて離婚できない

さまざまな人に祝福されて結婚したのですから、簡単には離婚できないという事なのでしょうが、それは自分に厳しすぎる気がします。世間体を気にして自分を犠牲にするなんて、おかしくないですか?あなたの人生なのに、他人に左右されるのは、あなたにとってよくない事です。あなたの人生は、あなたが選んで、あなたのために行動しましょう。