離婚したいけれどなかなか踏み出せない。それは離婚をできる人と離婚できない人に大きな違いが存在するからです。離婚する幸せの方法があります。

離婚できない理由よりも幸せになれない理由を考えることが大切です。

離婚する方法とコツ

離婚する方法とコツ

私に好きな人ができた、相手の浮気、不倫がわかってもう生理的にキライになった、嫁姑問題があまりにく酷くて離婚を決意した、ドメスティックバイオレンスに耐えられないなど、さまざまな理由で離婚を決意したあなた。なるべく自分に有利に、おおごとにならない形で、円満な解決を目指したいと思うのが心情ですよね。慰謝料、親権、養育費など難しい問題が山積み。とりあえず子どもにはなるべく迷惑がかからないように解決したい。そんな離婚する「方法」と「コツ」をお教えします。

まずどんな離婚がいいのか書き出してみよう

箇条書きなどでかまいません。あなたがどんな離婚を望んでいるかまずは書いてみましょう。思いつきでもかまいません。とにかく全て書いてみましょう。全て書き出してみて、それぞれにランクわけをしてみましょう。絶対にはずせない項目、できるだけ望む項目など、重要度にわけて項目に順位をつけてみましょう。
こうやって書き出す事で、冷静に自分の望むべき道が見えてくるでしょう。どうしても頭の中だけでは整理出来ないものです。書いてみると意外と問題点が少ないじゃんなんて思うこともあったりします。

相手に話す時は争点をはっきりしてから話す

中途半端に話してしまうと、どうしても感情的になったり、話の結末があやふやになりがちです。そうすれば、パートナーの方にペースを掴まれ、相手の方が有利になる事も多々あります。話をする際は必ず何について話すかを明確にして、それ以上は話さない方が賢明です。しゃべりすぎてしまうと、こっちが不利になる事もあります。

弁護士や法律家に頼むのは物事がおおげさになりすぎて嫌だ、余計に物事が進まなくなりそう、などの悪いイメージをもっている人が多いようですが、それは全くの逆です。
自身の浮気や嫁姑問題で離婚を決意した人などは、相手側の方が優位に立っている事が多いでしょう。そんな立場の差で対等な話ができるはずがありません。冷静にあなたの権利を主張するためにもプロに頼むのが一番でしょう。
相手の浮気、不倫で離婚を決意した人は、慰謝料、親権、養育費などお金に関する問題が大きなウェイトを占めます。特に慰謝料は素人には相場などわかりにくいですし、どのような手続きを踏めばいいのかなど難しいですよね。
自分に好きな人ができて離婚しようとする人は、しっかり交渉しなければ自分に不利な事ばかりが押し付けられる可能性もあります。変な工作をしようとする人も多いようですが、たいていそんなものはバレてしまい、余計に大変な出費をしてしまうもの。
つまり、問題がこじれる前に早い段階で離婚のプロに上手く交渉してもらうのが一番安全で、理想的な離婚ができる可能性が高いでしょう。