離婚したいけれどなかなか踏み出せない。それは離婚をできる人と離婚できない人に大きな違いが存在するからです。離婚する幸せの方法があります。

離婚できない理由よりも幸せになれない理由を考えることが大切です。

理想の離婚を考える

理想の離婚を考える

理想の分かれ方

離婚することは簡単ではないですし、逆に多く苦労あります。それでも現状の夫婦生活を続けることよりも、もっと大切なことが存在する、もしくは見つけることができたからこそ離婚を考えれば一番良いと思いませんか?

離婚は世間点や親族、新生活の不安、仕事、友人交友関係などあるとあらゆることに関係してきます。再スタートを自分勝手に切ることは容易ではありません。しかし、理想の離婚を考えることで、少しでも再スタートがスムーズにできます。

イメージするのは、離婚前とその後

離婚をすると決めたなら、あなたはどうしますか?緑の紙(離婚用紙)を市役所に取りに言って、パートナーへ突き出して、「今すぐ別れてください!」こんな別れ方を希望することが最善だと思いますか?

結婚式や披露宴を行った方はわかると思いますが、準備期間があり、そして本番日がありましたよね?離婚も準備・段取りを用意すれば、新生活への不安を解消できたり、周囲の反応を少しずつでも変えることもできます。ましてやお子さんの親権問題や慰謝料といった大きな問題となると、協議離婚や裁判というケースも多々あります。こういった場合に事前に「準備」するだけで裁判などで争うときにより有利に進められることが多数あります。

今、離婚前に準備しておくべきポイント

  • 財産をチェックしておく(給与明細、通帳、不動産、保険、車など)
  • 子供の親権問題てに勝てるか?(仕事しているか、家はあるか)
  • 慰謝料が取れるのか?(DV・暴力・不倫・浮気)

今、離婚後に備えて考えておくべきこと

  • お金のこと(生活費や家賃)
  • 住む場所(子供がいれば学校区、相手にはばれたくない)
  • 仕事のこと