離婚したいけれどなかなか踏み出せない。それは離婚をできる人と離婚できない人に大きな違いが存在するからです。離婚する幸せの方法があります。

離婚できない理由よりも幸せになれない理由を考えることが大切です。

妻と離婚する方法

妻と離婚する方法

ついに最愛の妻との別れの日が来ました。残念ですが、それを受け入れて前に進めば、必ずや良い事があるでしょう。そのためにも妻としっかり別れて気持ちよく次の人生のスタートを切らなければいけません。特に妻と離婚する場合、養育費や慰謝料が大きな問題になります。離婚には、さまざまなケースがあります。浮気、不倫、セックスレス、嫁姑問題さまざまなケースによって離婚に向かう最良のケースがあります。また相手が離婚したい、したくないの意思によってもだいぶ変わってくるでしょう。妻と離婚する方法は、どんな方法があるのか、確認していきましょう。

まずは離婚の手順から

嫁と離婚したい

離婚には大きく分けて「協議離婚」と「裁判離婚」があります。

協議離婚は、夫婦が合意のうえ,離婚届を役所に提出する方法で、この方法が全体の90%を占めます。残りの20%が裁判離婚で、裁判所が仲介に入り、どのように離婚するか、離婚を認めるかどうかを決めます。

協議離婚であっても弁護士、法律家に依頼するのがごくごく普通です。協議離婚は夫婦だけでできますが、養育費や慰謝料は自分たちで解決してくださいという意味でもあります。だから法律をよくわかっていない人がプロに頼まずに、妻にやられた!なんて事もありえます。

また例えば子どもと一緒に妻の前から逃げた行為が自分としては正当な行為だと思ってもしっかりとした手順を踏まないと不当な行為と判断される事があります。離婚には法律が絡んできますので、しっかりとした知識と準備が必要ですね。

どこで女性は感情的になるかわかりませんので注意しましょう。

女性は、どこでスイッチが入るかわかりません。そしてスイッチが入ると話し合いが全て台無しになります。前回まで話していたのに、女性は急に怒り出し話し合いがダメになったり、次の話し合いのときには「今までの話はなかった事に」なんて事もよく聞きます。こっちとしてはこれまでの話し合いが急に破棄されるのでたまったものではありません。そんな理不尽な事ももしそこに第三者である弁護士がいれば冷静に話す事ができるでしょう。元々離婚を決意した時点で、関係性はよくないものです。協議離婚をするにも、まともに話せない事が多いです。

離婚のプロならば養育費などお金のことも任せて安心

離婚 養育費

離婚のプロならばさまざまな事態に対応できます。仮に裁判離婚になったとしてもすぐに弁護士に頼んでいたから上手くいったなんて事もよくあります。何事も最初が肝心と言えるでしょう。物事が上手く進まなくて一人で悩んでいては何も始まりません。しっかりとプロに任せて、しっかりと離婚をする方がよいでしょう。

一人になって自由を手に入れましょう。

久しぶりに一人になれますね。しかし、養育費や慰謝料、親権などでもめてしまえば、気持ちよく次のスタートができません。下手をすると養育費や慰謝料で首が回らなくなり、全く自由が利かないなんて事も考えられます。まずはプロに相談。そこから離婚はスタートします。