離婚したいけれどなかなか踏み出せない。それは離婚をできる人と離婚できない人に大きな違いが存在するからです。離婚する幸せの方法があります。

離婚できない理由よりも幸せになれない理由を考えることが大切です。

妻と仲直りしたい

でもやっぱり妻と仲直りしたい

どう試行錯誤しても妻は怒ってばかり・・・・ほんと些細な事から始まり、セックスレスや家事放棄、嫁姑問題など、さまざまな問題が表面化。話あって解決しようにも妻が取り合ってくれず、一つ一つ解決しようにも冷静にとりあってくれない。離婚したい、離婚したくないを繰り返す毎日。こんな生活は嫌ですよね。なんとかしてこの生活から逃れられるようがんばりましょう。

離婚 やめる

慰謝料、養育費の支払いはかなり大変です。

まず離婚をするとした場合、慰謝料、養育費の支払いは大変だという事を理解しておいてください。離婚はなぜするかといえば、離婚後に幸せになりたい、楽になりたいからするのであって、離婚後も辛い毎日なのであれば、離婚をする意味がありません。慰謝料、養育費で苦しむのであれば、離婚はしない方がいいでしょう。
親権問題が絡んでくると弁護士、法律家の手をかりないといけませんのでより大変になってくるでしょう。

離婚しない方が幸せなんて話も

離婚した方が幸せ、離婚で楽になったと、離婚は離婚する時は辛いけど、離婚した後は幸せだ、一人で自由になれる、というイメージがありますが、けっしてそうではありません。離婚をした事でより不幸になった人もいます。
離婚によって奥さんのありがたみがわかりますし、一人暮らしの寂しさ、子どもに会えない辛さ、家事が下手な自分へのなさけなさ、仕事に対するモチベーションの低下などなど、離婚をする事でのマイナスもかなりある事を十分理解しておいてください。今より楽だろうと安易に考えていると、離婚して大変な事になる可能性がかなり高いです。

焦りは禁物。感情的になり怒ってしまいます。

焦ってさまざまな問題をどんどん解決しようとするとかえって問題は深刻化します。「謝っているのになんで許してくれないんだ?」「問題解決のための手立ては打っているのに、なぜ妻は許してくれないんだ?」「私の言っている事を全く理解しようとしない」「なぜ妻は違う事を持ち出して怒るんだ?」「全て問題は解決しているのに、なんでまだ怒っているんだ?」こんな風に思っている人は、要注意です。このように思っている人は妻に対しての問題解決法を間違っている可能性があります。妻へのアプローチの仕方を間違うと永遠と問題は解決できないでしょう。

夫婦間の関係修復のためのコツお教えします。

関係修復をするためには、まず妻に対してどのようにアプローチをすれば、いいのでしょうか?それはまずあなたが自分の考えに固執しない事。あなたの方法論で妻に対峙しては問題はますます深刻化するばかり。現時点で解決できないのに、同じアプローチをしても結果は同じかますます深刻化するでしょう。
あなたは違う方法で夫婦間の関係を修復しないといけません。一度違う方法論で妻との関係修復をはかってみませんか?