離婚したいけれどなかなか踏み出せない。それは離婚をできる人と離婚できない人に大きな違いが存在するからです。離婚する幸せの方法があります。

離婚できない理由よりも幸せになれない理由を考えることが大切です。

不倫や浮気で悩んでいる、あなたへ

不倫や浮気で悩んでいる、あなたへ

不倫をしているのではないのか?浮気されているのではないのか?ずっとパートナーの性に悩まれているのであれば、明るい未来へ一歩前進してみませんか?もちろん別れたくない。離婚だけはやめておきたい。もう一度やり直すといってくれている、チャンスをあげたい・・・いろいろとお思いなれていると思います。
ここで、当サイトではひとつのボーダーラインをご提案させていただきます。

  • 2回以上の浮気または不倫が発覚した
  • 浮気・不倫相手があなたに似ている

もしもこの2点に当てはまるようであれば、「離婚」をお考えになってもいいかもしれません。それは明るい未来があるはずだと私は思うからです。

まず、「2回以上の浮気または不倫が発覚した」、もしくはわかっている・・・正直なところ修復をお考えになるのはかなり困難です。これは男女に伴わず不倫や浮気は常習性が高いです。寂しさや性的な快楽など理由はさまざまですが、角度を変えてみれば「病気」といってもいいかもしれません。とすると、浮気や不倫は病気だから仕方がない。こんな風に一生涯思えるのであれば問題ないかと思いますが、ほとんどの方は無理だと思います。

また、浮気・不倫相手があなたに似ている。例えば髪型が似ている。スタイルがそっくり。笑顔の口の形が同じだなどなど・・・これはあなたを一風求めているようにも思えますが、残念ながら悪意が強い可能性が高いです。もちろんケースによってはあなたを求めてといった場合もあるかと思いますが、ほとんどの場合がその思いとは違うと思われます。その理由は理想であっても新旧をパートナーは区別しているということです。簡単にいえば、アイフォン4が発売されて、またすぐにアイフォン4Sが発売されると欲してしまう欲求に近いものがあります。「新しさの魅力」+「同一同種」を求めているということです。こちらのケースも常習性が高いといえます。

あなたは過ちを許せませすか?

これからルールを守ってほしい。なぜやぶったのか?悶々と考えるのは正しいのでしょうか?常習的に続けられる不愉快な行動を許すことを解決する方法は、ありがちなのは相手親に怒ってもらうとか、友人知人に協力してもらうということもありますが、そんなことをで改善されることは、ほぼ100%無理でしょう。

選択肢を増やすことが、未来を見るということ

現時点では「離婚」。こんな大げさなことは・・・っという人もいらっしゃると思います。しかし、浮気・不倫を発覚してから、迷いや精神的に追いつめられて、体力的にもボロボロになってしまうケースは本当に多いです。これはどうして離婚がこんなにも苦しく、辛いのか?それは離婚についてわからないことが多くあることでやりたくも無いことを考えて調べなくてはいけないということが大きいです。ほんの些細な準備しておくだけでいろいろと悩むときの安心を用意しておくことができます。

まだ先の話だと思うけれど、具体的な離婚の準備とは?

慰謝料や親権、養育費、財産分与、年金・・・不安なことは多いですし、知っておくべき情報は本当に多くあります。わかっての通り離婚問題はすべて法律で解決できます。現状を理解し法律を理解しておくことが最大の準備となります。あなたにとっての最高の離婚条件を築くこともできます。もちろん簡単に法律の本を開いて勉強したところで、一概にあなたに当てはまるかどうかというのは難しい話です。だからこそ、あなたが法律を身につけるのではなく、法律家を選んでおく。これだけでもしものときの離婚の最大の準備です。