離婚したいけれどなかなか踏み出せない。それは離婚をできる人と離婚できない人に大きな違いが存在するからです。離婚する幸せの方法があります。

離婚できない理由よりも幸せになれない理由を考えることが大切です。

一日も早く離婚したい

一日も早く離婚したい

離婚を決意したならば、一日でも早く離婚したいなんて思うのが心情です。しかし離婚はあなたが決意したからすぐ決まるものでなく、相手が同意して初めて成立するものです。さまざまな理由で、ごねてきたり、法律の壁があったりといろんな問題があります。法律をよく知らないあなたがどのようにすれば、早く離婚できるのか。早く楽になりたい、幸せになりたいあなたのために一日も早く離婚する方法をお教えします。

まずは相手が同意してくれるかが問題

離婚するのに最初の難関が相手が離婚に同意してくれるかが問題です。無理に同意させようとすると相手も意地になって、離婚に同意してくれない事もあります。ただでさえ関係は悪いのですから、そのような状態に陥る事は不思議ではありません。絶対に無理やり同意させようと意地にならない方が良いです。自分が不利になるだけです。冷静になりましょう。
相手が離婚に同意してくれない場合、離婚に相当する理由がないと離婚できない可能性もあります。同意してくれない場合、裁判に持ち込まれる場合もあります。離婚をするに相当する理由となる証拠などがあれば、今のうちにしっかり保管しておく方がよいです。またそれが裁判でちゃんと使えるものなのかは、あなたでは判断できませんので、弁護士や法律家にしっかり調べてもらう必要があるでしょう。

離婚に同意してもまださまざまな壁があります

離婚には同意してもそれ以外の事で同意できずに離婚できない場合は多々あります。特にお金の事はずるずると長引く傾向にあります。慰謝料、養育費などは自分たちで解決しようとするのは、少し無理があります。それ相応の相場がありますし、法律を知っていなければ対応できない事態になります。早めの離婚をしたいならば、こういう問題は全て弁護士や法律家など、離婚のプロ同士が冷静に話し合って交渉してもらう方が、一番早く解決できるでしょう。

とにかく裁判をすれば終わるという問題ではありません

離婚調停をおこし、すぐに離婚訴訟をすれば、全て解決すると思っている人が多いですが、これは大きな間違いです。裁判には、そうとうの時間がかかりますし、相手が離婚に同意しない場合、一方的に離婚するのは難しいです。ちゃんとした理由があれば離婚できますが、それでも時間はかかる事を覚悟してください。一番早く離婚できる方法は相手を納得させる事。これが一番早いです。

10年以上も離婚できない人も・・・3日で離婚が成立

同意がなければ長くなることは想像できますが、夫婦間によっては10年以上もの間離婚が成立しないケースもあります。そこでご紹介したのが澁川良幸先生です。最短離婚を目標にできることもさることながら、依頼者の要望や希望、さらに離婚における戦略、調停での必勝方法など離婚のプロでないわからないことを丁寧に解説してくれています。またセットで離婚協議書の作成テンプレートなども無料特典で付いているのでかなりオススメです。